農業・地域

2008穂垂る米。序章。

5月17日、18日は 僕と宇井君の田んぼで田植えをしました。

蛍が舞う田んぼで育つから、「穂垂る米」と名づけたお米の

2008年がここから始まります。

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

穂垂る米の田植えということで皆に集まってもらって楽しく田植えをしたくて、声をかけたところ、

総勢36名の人たちが集まってくれました。

70本近くの手で植えられる田んぼはあっという間に苗が植えられ、

夜はたくさんの実りを願い、また出逢いを深めるべく、

われ等が誇るシェフ松本氏の絶品料理で大宴会でした。

地元農家さんたちも参加し、ライブはイロハ、ありっぱ、吉澤さんと

大盛り上がりでした。

10人の男勇者達が頑張って最後まで植えてくれたおかげで

どうにか終了!

きっとこれから元気に育ってくれそうです。

遠くから集まってくれたみんな、料理のショウタ、ススキ、父、母、そしてなっちゃんには心の底から感謝です。

次は草取り&蛍鑑賞会でしょうか。

7月頭を予定しているのでぜひ参加ください。


序章といえばもう一つ。

「玄米先生の弁当箱」という僕のはまっている漫画の影響を受け、

ヌカ床をはじめました。

写真


今日はさっそくカブをつけました。

写真


毎日手を突っ込んで、育てた野菜ぶっこんで、

おいしいヌカ漬け食べようっと。

食べたい方はぜひ東金へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空を映す大きな鏡

僕の大好きな風景の一つ。

田んぼに水が入りはじめ

昼間は青い空と白い雲を

夕方は夕陽を映し出す。

育苗センターでの仕事で疲れた体で自分の畑に向かう途中

軽トラックの窓から見る田んぼの大きな鏡は

僕の心を癒してくれます。

ハウスでは果菜類を中心に色々な苗が芽を出しています。

田んぼの真ん中にある僕の畑にはカエルが沢山。

カエルと苗が戯れてました。笑

最近は沢山の人が畑に訪れてくれます。

大学の同期、後輩、協力隊へ行く人、ボランティア仲間、中学の同級生、、

一人での畑にだいぶ慣れてきましたが、

やっぱり数人での畑作業が大好きです。

緑の家の畑が染み付いてるのかなぁ。



告知です。

5月19日に田植えをします!

志野ちゃんの佑氣田んぼ、初田植えです

今回は不耕起栽培ではないですが、

無農薬無化学肥料愛情たっぷしで育てようと思っています。

誰か来たい人いませんかぁ?

18、19日の宿泊も可能です!!

計3反歩 人数が多ければ全て手植えで

少なければ田植え機体験もいいですねぇ。

僕のはじめてのお米つくり、
たくさんの人の氣持ちや思い出の詰まったお米にしたいです。

ぜひ参加ください。

来たい人は

書き込みかyuukibatake2007@yahoo.co.jpに連絡ください!

お待ちしています。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

笑ってワラワラ藁アート。

Img_2838 Img_2855 Img_2835 Img_2836

冬の季節がやってきましたね。

今日も寒いです。

先日の日曜日に藁アート講座がありました。

講師は僕の大好きな

大蔵田んぼのかっこいい百姓喜八郎さんと美人お母さん。

ちょっと遅れて行ってみると子どもも大人も必死に作っている最中でした。

今回はクリスマス用リースとお正月のお飾り作りでした。

材料は大蔵田んぼの藁とお母さんたちが集めてきてくれた自然のものばかり。

松ぼっくりやバクソカズラの実、、カボスの輪切りのドライ、唐辛子、、、、などなど

みんな真剣に自分の作品を作っていました。

ちょっと昔は冬は藁編んで色んなもの作っていたのかなぁなんて想像しながら、

子供達の発想に驚かされ、僕もなんとか農大らしいクリスマスリースができました。

Img_2860_2 Img_2885_3

志野ちゃん作

Img_2862 Img_2874 Img_2861 Img_2893

その他の人の作品

| | コメント (3) | トラックバック (0)

秋空の下、恵に感謝。

東京都町田市大蔵。

閑静な住宅地に囲まれた場所に僕の大好きな田んぼがある。

今日はその田んぼの収穫祭。

10月15日。秋空、鰯雲。Cimg2488_6

駅に着いて遅刻気味に田んぼに向かうと

すでに田んぼからは

子ども達のはしゃぎ声と豚汁の香りがし

お釜で焚くご飯の煙が待ちかまえていた。

収穫祭お知らせのポスターも

おにぎりも(そのお米も)

イナゴの佃煮も(いなごも)P1030805_1

出し物も

記念のお米のお守りも

全てお母さん達の愛情たっぷりで手作り。

これが大蔵田んぼの収穫祭だ。

宴の始まり。

P1030806

自分たちで植えて刈り取ったお米のおにぎりを

みんな頬張る、頬張る。

子供も大人もほっぺたにお米をつけて食べてる様子に

ついつい笑ってしまった。P1030802_1

大蔵のお母さん達がキャァキャァ言いながら

捕って料理したイナゴ。

どんな反応かと思いきや、大人気だった。

お腹もいっぱいになったら、出し物。Cimg2473_1

今年も盛りだくさん。

パラパラ。

動物たちと愉快な菅原先生ダンサーズは爆笑だった。

紙芝居。Cimg2496_2

子ども達にさんざんツッコミをいれられながらも

大蔵のお米の美味しさを十分に表現したでしょう。

○×クイズ。

これをしてくれたのが昔から大蔵田んぼに関わってくれているP1030780

3姉妹だったのに感動。子ども達が一番食いついてたなぁ。

田んぼでのカエルコーラス。

子供もお母さんもたくさん参加。

綺麗な歌声が田んぼに響いてた。Cimg2515_1

ゴリラのギター演奏による合唱。

大蔵合唱団の力発揮でした。

そして締めは大根踊り。

きっと一緒に踊った子ども達は農大進学間違いない。

そんな収穫祭だった。

なによりも昨日印象的だったのはCimg2526_1

笑顔の多さだった。

子ども達が笑顔で収穫後の田んぼを走り回る。

それを見てお母さん達は微笑む。

僕たちは子供と遊び元気をもらい、

お母さんや先生、農家さん達とP1030785

田んぼで歌い、飲み、笑ってた。

ここにはTVもなければゲームもない、

ジェットコースターもなければお笑い芸人もいない。

ただ田んぼとその田んぼが好きな人たちがいるだけ。

それなのにこんなにもたくさんのP1030781

心からの笑顔が生まれてた。

改めて思う。

この田んぼが生み出す物の多さを。

この田んぼが育てることの重要さを。P1030777

いつの日か

この田んぼと田んぼに関わる人たちに育ててもらった僕が

こういう田んぼを創ることができるように

また今日から頑張ろう。Cimg2550

秋の恵に深く感謝

Cimg2549

| | コメント (3) | トラックバック (1)