家族。

二人暮らし。

9月11日。
僕は今、二人暮らしをしている。

相手は宇井ちゃん。

現ここから畑の相方で

大学時代の心友である。

大学時代もゴリラ(○斗ゴメン笑)と宇井ちゃんと3人で暮らしていたこともあり、大学時代から一番多くの時間を共に過ごしてきた仲間の一人である。

今まで喧嘩したことも一度もなかった。

たくさん面倒見てもらったし、たくさん面倒見た。

表も裏も大抵しってて、考えること、よーくわかってる。

そんな、なかなかない関係である。

なのに、

最近少し不安が溜まってしまった。
仕事に対する不満、考え方、離れていた1年半のギャップいろんなこと(経済、経験)、普段は冗談で流せる些細な発言まで気になってしかたなかった。

すごい苦しかった。
言い合いになりたくないから、ずっと胸の内に貯めてた。
宇井ちゃんが僕に対して抱く気持ちもわかるからこそ
一方的に言えなかった。

二人で一緒に農業やりたい。

その気持ちも揺らいでしまった。



今日の夜、いつもはあまり飲まない酒を出し、
話そうと思った。

なるべく感情的にならないように話そうって思った。
でも少し感情的だったかも、
でも宇井君はきっとわかってくれるって思って。

こう思ってた、あぁ思ってた、そう思ってた。

お互いたくさん出てきた。

じゃぁどうする。

わかんない。

どう思う。

二人でやりたい。

これが想いだった。

結局気持ちの再確認だった。

でもこれが大事だったのかも。

これから悩むこと、

それは

二人で(もっと先は二組で)

どうやって農で飯を食らい、
農を通して人生を楽しむかってことを悩まなきゃって。

そうゆうワクワクする話を

もっと計画的に現実的に話していけばいいのだって。

話すことサボってた。

一番大事な気持ち忘れてた。

二人(二組)で農業を営みたい。

その気持ち。

なぜなら

一緒にいて楽しいから。

二人ならもっと楽しい農業できるはずだから。

お互いに対する心遣い。もう一度大事にして。

もっかい頑張ろう。

これからの細かいこともたくさん話した今日。
少し明日が見えたかな。
きっと通るべき道だっただろう。



外は雨音。
雨降って地固まる。
農家にとっちゃよくないか(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おじいちゃん、おばあちゃん。

実は今回、広島での一日を後輩のおじいちゃんおばあちゃんちに泊めてもらった。

最寄り駅につくとバスが行ったばっかだったので、歩いて行く事に決めた。

田んぼや畑を観察しながら、人に道を尋ねながら歩くこと、いや、登ること90分

ついたところは瀬戸内海、廿日市市を一望できる山間の素敵な場所だった。

実はこの後輩は何年後かにここで農業することも視野に入れているのでその畑を見に来たかったのも今回訪れた理由である。

さっそくおじいちゃん、おばあちゃん達と晩御飯を食べた。90歳のおばあちゃんと85歳のおじいちゃん。戦争時の話や昔の農業の話、たくさん聞いた。

おじいちゃんは

「農業で食ってくのは大変だった、おばあちゃんや子供に辛い思いをさせた。」と。

おばあちゃんは

「いんやぁ、あんたがいたから私は幸せだったんですよ」と。

すごく涙なしでは聞けない話だった。

おじいちゃんは久々の孫と孫の友人の来訪に上機嫌。

「こんな最高の日はない。ごめんなさい」としきりなしに言っていた。

「ごめんなさい」は別に謝っているわけでなく、おじいちゃんの挨拶らしい笑

今回、山登りを90分する間に荒れ果てた畑や田んぼをたくさん見た。

あんなに急な斜面で農業するのは相当な面倒だったと思う。

だけど上に登ったときに上から見た景色は今残っている田んぼや畑だけでも、壮大で且つ、心癒されるものだった。

次の朝、

駅に向かってバスに乗ると、若い高校生達が山の所々のバス停から乗り込んできた。ここで育った子供たちがいつか僕がまた来た時に、この土地で農地を守り、活性化させてくれたらなぁと思わず思ってしまった。

今回、広島で世話になったH君ありがとー

P1030491

| | コメント (1) | トラックバック (0)

倒産。

いえいえ、父さんです。

うちのお父さん!

本名:志野 慶一

たぶん勝手にブログに載せたって怒られるんだろうな。

もし怒られたらすぐ消すかも。。(期間限定ブログ??)

ただいま、台風九州上陸中!

直撃する前にネットカフェまでお父さんに送ってもらい、今書いているわけです。

きっとお父さんが見るのは連休明け、俺は次の目的地に移動中!!

前置き長すぎました。

うちのお父さん、空港に見送りに来てくれた人は記憶に濃いかもしれません。

空港で親父を紹介するときに振ったら、ギャクをしてしまうような人です。

そんなお父さんにこの1週間お世話になってます。

単身赴任先に泊り込みグーだら生活。

毎日朝ごはん作ってもらい、休みの日は車でいろんなとこ連れて行ってもらってます。

昨日は島原、雲仙普賢岳、棚田、岩盤浴・・・

お父さん疲れすぎて夜には熱出ちゃってました。

そんなお父さんを俺は尊敬してたりして。

中学まで、勉強、スポーツ何一つ勝てません。高校でスポーツは勝てるようになったけど

大学入ってまた勉強、スポーツまた何も勝てなくなっているような。

年齢50歳、マラソン平気で走るわ、バーベル90キロ上げるわ。。

中学まで親父の背中みてかっこいいと思い同じ仕事に入ろうとも思っていました。

期待させてたのに、行かなくてごめんなさい。

そんでまた家族想い。(褒めすぎかな?)

俺が一番尊敬するのは、子供のやりたいことを聞くと

そのことについてものすごく調べてくれたり、情報を提供してくれたり、、

子供のやりたいことをなんやかんやいいながらも応援してくれること。

本人よりその分野に詳しくなるぐらいに調べちゃう、

あと旅行とか行くときも家族が楽しめるように徹底的にその場所について

調べている。(親父が楽し見たいのもあるんだろうけど、、)

そんな親父と1週間一緒にいる今回。

今まで知らなかった親父のこと知れたり、改めて親父のすごさを感じた気がした。

俺も見習うとこ見習って親父を超える親父になっぞ!

親父が日本の海を守る男なら、俺は日本の食を守る男にならなきゃだな。

来年から社会人、親の元から巣立つ自分にとっていろいろ考えさせられる

いい日々でした。

どうもありがとうね、お父さん!

p.s 親父はコメントしないように。

  あと、トイレの電気何度もつけっぱなしでごめんなさい。

  でも、やっぱりおれなのかなぁ?笑

公共電波にプライベートな話をごめんなさいでした。

やべぇ、外が台風すげぇ

写真は親父との思い出。

P1030182 P1030195_3

P1030205

| | コメント (3) | トラックバック (0)