« 2008年1月 | トップページ | 2008年12月 »

先進国・都会の豊かさ。

4年くらい前に教職の授業の一環で
東京の養護学校に行ったことがある。

そのときにも思ったのだが、

先進国の豊かさはこのような障害を持った人たちも
楽しく過ごせることではないかと思った。

その養護学校は参加している学生は皆それぞれにあわせた方法で教育され、体育なども皆ができるスポーツや道具が使用されていた。

学校もバリアフリーになっていて、送り迎えも完璧だったからだ。

今日の出来事。

雨の中、お米を宅急便に持っていった帰り、
盲目の人がスティックをついて歩いていた。
県道で車はたくさん走るのだが、道は細く、歩道もない。

しかも雨なのでびしょぬれになって歩いていた。

車を止めて、駆け寄り、声をかけて車に乗ってもらい
その人の目的地まで送っていった。

マッサージの会社に勤めていたが潰れてしまい、
今日はハローワークに行ってきたらしい。

この道にバスは走っているが、
一日3本、昼間はまったくないに等しい。

彼を送っていった帰りにふと思い出したのが
その4年前に感じた気持ちだった。

1年生の夏休み、
途上国の子供たちのために何かしたいと燃えていた僕は
インドネシアの現地NGOに1ヶ月勉強させてもらいに行った。

彼らのためにと思っていった僕は何もできず、
彼らから教えてもらうことばっかりだった。

彼らの経済的な貧しさの中に、心の豊かさを見たことで
豊かさとは何かわからなくなり、
日本の何かさびしい雰囲気の社会に嫌気をさしていたときだった。

養護学校の子供たちへの対応をみて、日本の豊かさはここにあったと思ったのだ。

インドネシアでは障害を持った子は世間から隠されたり、お金を貢いでもらうための見せものになっている子もたくさんいた。

街の道路はボロボロで、交通も乱雑なので目の見えない人は一人じゃ歩くのは困難だし、車椅子なんかガタガタでこげないと思う。

むしろ車椅子を持てる人はまだましかもしれない。

知り合いで最近インドネシアに車椅子を届けたり、向こうの障害児を教育するNGOに参加する人もいた。

そう考えると、日本も北欧などに比べればまだまだなのかもしれないが、かなり障害を持った人が過ごしやすいのではないかと思った。

都会と田舎にもその差はある。

道の舗装具合もそうだし、交通の便もそうである。
今は減ったと思うが、近所の目が気になって昔は隠す人もいたかもしれない。


運がよいことに僕の住んでいる地域の人はみんな優しくて、ボラで障害を持っている人の送迎や、普通に皆と接することができるよう補助できる人たちがたくさんいる。
そんな人たちを普段見ていたからこそ、今日は自然に車を止めれて、送っていけたのかもしれない。
もし東京に住んでたら少し怖いし、バタバタしててそんな余裕がなかったかもしれない。←その前にその人はバス使えたかもだけど。

都会と田舎の設備や交通の差は地方は財政が厳しいから仕方ない分がある、だけど皆が幸せで入れるために田舎はその差を人の温かさでカバーできればいいなとも思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日見た夢。

点々としているがロケーションに恵まれた畑。

畑にはたくさんの生き物、カエル、クモ、トンボ、カマキリ、てんとう虫、バッタ、ミミズ、もちろん害虫も少々いて子供たちが遊んでいる。

雑草が一つもない畑ではなく、作物と作物の間には背の低い草が生えてて、緑の絨毯の中に元気な野菜が育っている。

田んぼは不耕起栽培でメダカがたくさん泳ぎ、赤トンボが舞っている。
相変わらず草取りにはたくさんの人が来てくれてて、夜は皆で蛍を見に行った。みんな今まで来てくれてた人が家族で子供連れてきていて、子供があぜを走り回っていた。

トラクターは天ぷら油で走り、走ったあとにはほのかに天ぷら臭がする。

宇井君と今日の畑はどうだとか話して、この品種がいいんじゃんとか情報交換してた。わからないことがあって関谷サンんい相談しよぅとかいって、伝書バトで長野まで送った。

鶏を30羽くらい飼ってて、なんかうちの子供が今日はクリスマスだからと(時期がめちゃくちゃ)自分でさばいていいかを聞いてきた。

家の隣にはカフェと加工場があり、奥さんが笑顔で接客し、父が関西弁でお客さんの相手をしながらコーヒーをいれていた。
調理場にはWショウタがいてなんか肩組みながら料理してて、笑えた。

山武スギと言うこの辺の杉を使った建物で、カフェにも大学時代の友達や、今まで引越してきたところの友達がたくさん来てくれていた。

音楽ライブがあってエレモや室さん豊さんたちが熱く唄ってた。

カフェの敷地内にあるブルーベリー畑には大蔵のお母さんたちが来て必死にブルーベリーを積んでた。

加工場には母が漬物つけてて、母のセレクトした焼き物のさらに早く盛ってくれと怒られた。

10種類のジャガイモを植えた畑で緑の家の学生が来てて、みんなで芋ほりして、生で食べ比べしていた。生で食うなっていったら、これが今大学ではやりだと豪語していた。

野菜パックもお客さんが100家族になっていて、僕の野菜パックに昨日知り合った人の作った草鞋やいくらちゃんの手編み帽子なんかの注文ものっけて配送しており、僕の作る便りに、仲間たちの発信したいできごと、今回は八王子選挙のこととかのっけてて、よい情報交換の場所になってた。とってくれるお客さんの家族の写真が部屋の壁一面にたくさん貼ってあってこの人たちのために食べもの作ってるんだって気持ちを高めてた。

夢の中でみんな笑ってた。

たくさんの人が集まってくれてた。

ここには書かなかったけど、自分にも素敵な家族ができてて、すごく愛され愛してた。なにより奥さんが最高の笑顔をしてた。

そして何より僕の理想の畑だった。

めちゃくちゃな所もあったけど(伝書バト、生ジャガイモ)こんな時が来るように一日一日を楽しく理想を抱いて生きていこうって思った。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ケニア。

ケニアは僕が農業の道に進むための最後の後押しをしてくれた国です。

ケニアの人々から感じた気持ちが、日本で農業をしたいという気持ちに繋がりました。

そのケニアが昨年末から揺れ動いていました。

選挙の不正により、気持ちの治まらない一部の人たちが部族間でもめてしまいました。

暴動などが起こり、死者も多数でています。
暴動のため、危険で食糧の調達ができない人もたくさんでした。

興味のある人たちは自分でぜひ調べていただきたいです。

そんな状況を知った僕は正月からモヤモヤガ晴れませんでした。

そんな中、後輩の行動に刺激され、僕は実は1月4日に
上野駅、公園前にて座り込みをしたのでした。

ケニアで撮った人々の笑顔の写真を100×60くらいのコルクボードにたくさん貼り付け、何も言わず駅前にそのボードを横に置き座っていました。

目的はケニアの本当の姿を知ってほしかったから、
ケニアの問題は今の僕にはどうしようもできず、彼らが頑張るしかないと思い、僕にできることはケニアの真の姿を多くの人に知ってもらえればと思ったからです。

真の姿と言ってしまいましたが、僕はそこまで深くを知りません。
だけど彼らの笑顔の魅力と一生懸命楽しく生きている姿、そして争いなんか求めていない人々がたくさんだということだけは知っています。

そこでの今回の行動でした。
朝7時から10時までは一人でただ座っていました。
すると小さな子供たちが一番気になって見に来てくれました。
こんにちわって挨拶して終わりの子もいれば、これ何?って子もいました。人を待っているおばさんはあなたはなにを言いたいの?と尋ねてくれる人もいました。
3時間で10人の人たちと話ができました。
写真をチラッと見てくれた人は盛りだくさんです。
10時からは同じような想いを持つ仲間たちと
peace FOR kenya fRom tokyo japan
ってメッセージボードを持ちながら駅前で座りました。
中学生3人組が僕のよびかけに立ち止まってくれて真剣に話を聞いてくれたのが本当に嬉しかったです。

実は今回、3週間以上過ぎたのにこれを載せたのは
次の曲をコミュニティで見つけたからです。

ケニアのアーティストたちが今回の問題が起こってから集まり作った曲です。
きっとケニアの政府からの身の危険もあるんではないかと想う中での素早い活動(ポレポレの国なのに)感動してしまいました。

ケニア人のすばらしいところがここに詰まっている気もしました。
聞いてみてください。

言葉がわからなくてももしかしたら伝わるのではないかと想って。

ケニアへの僕のちっちゃな恩返し。

ちなみに僕はおっきな恩返しは
自分の選ぶことのできた道を一生懸命生きること。
そう選択肢のない貧しさの国で
物に溢れ、大切なものが減っている、選択肢のたくさんある国に生きる僕が思った僕の使命でした。

http://jp.youtube.com/watch?v=1y7O857Q1jk&eurl=http://mixi.jp/view_diary.pl?id=698590522&owner_id=1125260

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田んぼがくれたもの。

1月11日。

赤坂のライブ会場でイベントが行われました。

イベントの名前は

「無農薬や祭」

百姓×あーてぃすと×おむすびやさん

お米と音楽のコラボレーションなライブです。

9組の素敵なアーティストさんたちが演奏し

ライブ会場内で

僕の大学の心友のわっちゃんがむすんだ「おむすび」を販売しました。

どうしたらこんなに素敵な人たちばかり集められるのだろうと思う

バンド構成にお客さんの暖かく優しい雰囲気。

田んぼで育まれたお米が

沢山の人を結び、素敵な空間を生み出していました。

ライブの途中で百笑として挨拶をさせてもらいました。

まぶしいスポットライトの中、場違いのような僕が

あの場に立ってました。

いいたいことかっこつけて沢山書いてたメモ。

緊張したからとか言い訳したけど、本当は

あの場に立つ前の感動でこんなの言わなくていいやーって思って

一つも言いませんでした。

言いたくなった言葉は

感謝とこの場の人たちで僕らの田んぼで

一緒にお米作りもしましょうってこと。

いつか田んぼで稲刈りしてその田んぼで夜ライブでもしたいなぁ。

曲作りとお米作り。

曲に込めたストーリーや想いが聞いてくれる人たちに届くように。

お米に込めたストーリーや想いが食べてくれる人たちに届くように。

感じてもらえるものつくりができるようになりたいな。

最後に

エレナちゃん、あこちゃん、せーじくん、まっちゃん、たまいくん、わっちゃん、こまっちゃん、舞ちゃん、むろさん、ゆたかさん、えっちゃんさん、ありがとー!
大好きです。

演奏してくださった皆さん
来てくれた
えみちゃん、あそうくん、かっつん、かなちゃん、あゆちゃん、あゆみ、すすき、さよちゃん、びんちゃん、ビン彼ちゃん、すすむ、なっちゃん、もえちゃん、しょうた、藤原さん、じゅんちゃん、ホンギョウさん、ほんとにありがとうです。
みーんな大好き。

田んぼがくれたもの、それは素敵な出会いでした。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

無農薬有機野菜・お米を販売します。

無農薬有機野菜・お米を4月より販売します。

Photo 3  Kif_0872

「志野ちゃん・宇井ちゃんのここから畑」は食べてくれる人の笑顔をより感じるために無農薬有機野菜の詰め合わせを宅急便で直接お届けします!

ただ野菜を育て、売るだけでなく、僕たちの育てた野菜を通して農の大切さや楽しさを感じてもらい、また食べてくれる人たちの声や笑顔を楽しみにできる形で農業を元氣にやっていこうと考えています。

農薬を使用しない畑ではたくさんの種類の生き物が活発に活動し、有機質肥料でじっくり育てた野菜は美味しさもたっぷり蓄えています。僕たちが自信を持って楽しく育てた野菜です。ぜひ食卓に笑顔を!!

「志野ちゃん・宇井ちゃんの豊実箱」

内容:無農薬有機野菜・お米の詰め合わせ(品目を揃えるため地域の有機農家の野菜も入っています。)

配達日:毎週・隔週土曜日の配達

     4のつく日(4日・14日・24日の月3回)から選んでいただけます。

価格:豊実箱の1箱の値段です。

   1200円(1~2人用、約7種類)

   1700円(3~4人用、約8種類)

   2200円(3~4人用、約10種類)  の3種類です。

      月契約で月の終わりに更新をしてもらいます。

   支払いは月初めの豊実箱に郵便振替用紙を同封します。

送料:関東圏内一律800円です(ダンボール代を含む)

   同一お届け先に2軒分を同時にお届けする場合は1軒400円ずつに

   3軒分を同時にお届けする場合は1軒300円ずつになります。

注文方法:以下のメールアドレスまたは電話またはFAXに

      「氏名・住所・電話番号・希望配達日・希望の豊実箱の種類・備考」を

      連絡してください。

      yuukibatake2007@yahoo.co.jp

             0475-53-3860

無農薬・有機の表示に関して

「志野ちゃん・宇井ちゃんのここから畑」ではJAS法に基づく有機認証はとっていません。有機認証を取るにはたくさんの書類を書き、お金を支払えばとることが可能ですが、その時間やコストを美味しい野菜を育てるために使いたいからです。その代わり、ここから畑にはいつでもだれでもお越しいただいて共に作業をしたり、見学していただいてかまいません。ぜひ一度お越しください。

「志野ちゃん・宇井ちゃんのここから畑」 百笑 志野佑介 宇井遼馬

〒283-0805 千葉県東金市松之郷1334-6

    

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年12月 »