« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

OGのお言葉。

出る釘は打たれる。

ではなく、

出過ぎた釘は打つことができない。 らしい。

ちょっと気に入ったかも。

でも釘は出過ぎると

抜けて倒れちゃう。

やっぱり何事も

バランスが大事か。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

秋空の下、恵に感謝。

東京都町田市大蔵。

閑静な住宅地に囲まれた場所に僕の大好きな田んぼがある。

今日はその田んぼの収穫祭。

10月15日。秋空、鰯雲。Cimg2488_6

駅に着いて遅刻気味に田んぼに向かうと

すでに田んぼからは

子ども達のはしゃぎ声と豚汁の香りがし

お釜で焚くご飯の煙が待ちかまえていた。

収穫祭お知らせのポスターも

おにぎりも(そのお米も)

イナゴの佃煮も(いなごも)P1030805_1

出し物も

記念のお米のお守りも

全てお母さん達の愛情たっぷりで手作り。

これが大蔵田んぼの収穫祭だ。

宴の始まり。

P1030806

自分たちで植えて刈り取ったお米のおにぎりを

みんな頬張る、頬張る。

子供も大人もほっぺたにお米をつけて食べてる様子に

ついつい笑ってしまった。P1030802_1

大蔵のお母さん達がキャァキャァ言いながら

捕って料理したイナゴ。

どんな反応かと思いきや、大人気だった。

お腹もいっぱいになったら、出し物。Cimg2473_1

今年も盛りだくさん。

パラパラ。

動物たちと愉快な菅原先生ダンサーズは爆笑だった。

紙芝居。Cimg2496_2

子ども達にさんざんツッコミをいれられながらも

大蔵のお米の美味しさを十分に表現したでしょう。

○×クイズ。

これをしてくれたのが昔から大蔵田んぼに関わってくれているP1030780

3姉妹だったのに感動。子ども達が一番食いついてたなぁ。

田んぼでのカエルコーラス。

子供もお母さんもたくさん参加。

綺麗な歌声が田んぼに響いてた。Cimg2515_1

ゴリラのギター演奏による合唱。

大蔵合唱団の力発揮でした。

そして締めは大根踊り。

きっと一緒に踊った子ども達は農大進学間違いない。

そんな収穫祭だった。

なによりも昨日印象的だったのはCimg2526_1

笑顔の多さだった。

子ども達が笑顔で収穫後の田んぼを走り回る。

それを見てお母さん達は微笑む。

僕たちは子供と遊び元気をもらい、

お母さんや先生、農家さん達とP1030785

田んぼで歌い、飲み、笑ってた。

ここにはTVもなければゲームもない、

ジェットコースターもなければお笑い芸人もいない。

ただ田んぼとその田んぼが好きな人たちがいるだけ。

それなのにこんなにもたくさんのP1030781

心からの笑顔が生まれてた。

改めて思う。

この田んぼが生み出す物の多さを。

この田んぼが育てることの重要さを。P1030777

いつの日か

この田んぼと田んぼに関わる人たちに育ててもらった僕が

こういう田んぼを創ることができるように

また今日から頑張ろう。Cimg2550

秋の恵に深く感謝

Cimg2549

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »